安全に利用できる消費者金融と専業主婦の借入

安全に利用できる消費者金融と専業主婦の借入

安全に利用できた消費者金融(女性/20代)

主婦だった私はそれだけでもかなり大変だったのでパートに出られるわけもなく、何とか収入の範囲内でやりくりしていました。しかし、子どものことにかかるお金が想像以上に多く、夫に相談しても収入が急に上がるわけではなかったので、一時的に主婦向けのキャッシングを頼ることにしました。

 

まだ子供が赤ちゃんで、色々な出費も重なるときだったため、家族に頼るのもよいかと思いましたが、自分の子は何とか自分でしてあげたかったという思いもありました。主婦向けのサービスというものを大手の消費者金融から利用し、お金の都合は何とかつけられるようになりました。

 

借り入れをする前にどの程度の期間おむつやマットなどが必要になるか計算しておき、まとめ買いをしてお得に買い物をしました。かなり大量に買い込んだので、しばらくは出費に悩まされることもなかったので、その分の余裕で毎月夫から与えてもらう資金で返済までできました。

 

その後も何度か急な発熱の時の病院への通院費や交通費がかかりましたが、それらもキャッシングを頼って素早く対処できました。借り入れと返済を何度か繰り返しましたが、支払いを遅らせることは一度もなかったので、信用情報には自信がありました。

 

増額融資は難しいようでしたが、安全に信用を築けていたためかスマートフォンを新しくするときにも審査がすぐに通過して購入できました。キャッシングでは限度額が20万円でしたが、少しずつしか使わなかったので金利で心配になることもありませんでした。

 

サービス内容はネット上でもしっかり見られたので、事前に時間をかけて調べることもできました。また、意外にも口コミが多く、私以外にも利用している方が多いようでした。やはり、主婦でも出費はあるので工夫して安全に利用するとよいのかもしれません。

 

有名な会社のサービスで安心

限度額は低くても借りれるだけ良い

主婦でも利用できるサービスは近年増えていますが、配偶者の収入を頼っての申告でも審査に通らない場合もあります。大手の会社であれば資金にも余裕があり、会社側で貸すだけのお金が足りなくなってしまうことも少なく、金利も低めに設定している場合も多いです。

 

主婦向けのサービスは借り入れができるだけでも十分ラッキーなので、少額融資のつもりで活用してください。高額な借入は収入がかなりなければできないので、限度額はあまり気にせずに審査に通過することを優先して考えましょう。利用限度額については収入に合わせて会社側で設定してくれる場合もあるので、無理に限度額を高く申告しなくてもよいです。

 

10万円でも20万円でも十分な金額なので、審査に通れる金額をある程度自身でも把握しておくと安全です。

 

金利は少し高めに設定される

どんなキャッシングやカードローンでも借入金額が少ないとその分金利は大きく設定されてしまいます。特に、20万円程度の場合は金利も18%になる場合が多く、他の14%や4%の借入金利に比べれば負担は大きくなります。しかし、会社側も金利で稼いでいるので、この金利は最初の段階ではあまりどうしようもありません。

 

金利を下げてもらうことも難しいので、返済方法で工夫して金利を下げられるようにしてください。特に、一括返済などをすれば金利も最小限に抑えられます。数日で完済すれば、金利も1%に満たない金額で済みます。10万円の借入であれば事前に返済の目途を立てておけばその分負担は減らせるので、借り入れのタイミングも考えておきましょう。

 

繰り上げ返済もできるサービスを選ぼう

キャッシングによっては、繰り上げ返済ができないか、1回しかできないサービスもあります。金利で稼いでいる会社にとっては繰り上げ返済は利益が減ってしまうのと同じなので、少しでも資金が潤沢にある会社のサービスを利用しましょう。そうすれば繰り上げ返済も簡単に行えます。

 

繰り上げ返済ができれば一回で返済でき、長い期間かけて返済する負担もなくなります。一時的な出費は増えてしまいますが、それは借金をしてもしなくても、お金を使う用事があったならば変わらないことなので、しっかり返済を優先しましょう。安易に返済期間を延ばしてしまうとそれだけで金利は大幅に上がってしまいます。

 

お金の余裕を事前に作ってから返済していけるようにしましょう。